田廻音楽事務所ロゴ

On Sale

ホーム > On sale > Orchestral Works #1 > アルバム情報

Orchestral Works #1・アルバム情報

田廻弘志・管弦楽曲集の第一弾
長年に渡り書き溜めていた壮大かつ奔放な曲たちを
新導入の音源によって迫力のサウンドに仕上げた意欲作


作曲・編曲:田廻弘志(たまわりひろし)
iTunes楽曲販売ページはこちら(試聴可能)



自作解題小冊子PDF(16p)ダウンロード

価格¥1,500
リリース:2016/10/30 東京流通センター「M3秋・第1展示場2階C-01a」にて先行発売
のちiTunnes等にて一般発売


<収録曲>
01 The Cavalry - 騎兵隊
02 Perpetuum Mobile for Orchestra - 管弦楽のための常動曲
03 Toccata for Electric Guitar, Electronic Instruments and Orchestra
  -電気ギター、電子楽器と管弦楽のためのトッカータ
04 Song without Words - 無言歌
05 Rhapsody for Orchestra - 管弦楽のための狂詩曲
06 Joy to the World (Arrange) - もろびとこぞりて
07 Capriccio based on “Deck the Halls”
  - 「ひいらぎかざろう」による綺想曲
08 Variations, Fuga and March based on “Ah! Vous dirais-je, Maman”
  - 「きらきらぼし」による変奏曲、フーガと行進曲
09 Soran-bushi (Arrange) - ソーラン節

 Three Paraphrases based on Children's Song of Japan
  - わらべうたによる3つのパラフレーズ
10 Ⅰ Takenoko-ippon - たけのこいっぽん
11 Ⅱ Toryanse - とおりゃんせ
12 Ⅲ Rakan-san - らかんさん

<自作解題>

「管弦楽作品集」とは銘打ってはいますが、コンピュータのみで制作した音楽なので、これを「管弦楽作品」と呼んでよいのかはよくわかりません。けれども、管弦楽を想定して書いたものではあるので、この表題としました。

また、このアルバムは、コンセプト・アルバムではなく、私が今まで作ってきた曲の寄せ集めというもので、ベスト盤ということでもありません。学生時代に作ったものから比較的最近に作ったものまでが混在しています。それらは主に次の3つに区分できます。すなわち、デモ用に作ったもの、習作として作ったもの(なにかの模倣や実験を行ったもの)、気晴らしとして作ったものです。

そのようなものをなぜアルバムとしてまとめたのかというと、これはまったく私的な都合でありまして、新しく導入したソフトウェア音源を試奏させ、その使い方を探り、そのテンプレートを作るということが主眼なのです。新しい音源を使いこなしていくには、いろいろな曲調のものを演奏させ、どのように制御するとどのような演奏となるのかを把握する必要があります。その事情は、ギターやピアノなどの一般的な楽器と同じで、きちんと稽古をしないことにはうまくは弾けないということです。

その残骸をここにお披露目するということはとても忍びないことなのですが、新譜もなしにM3という音楽頒布の場に参加することのほうがよほど忍びないと思いまして、この副産物たちをアルバムとしてまとめることにしました。

そのような事情によるアルバムではありますが、ミキシング、マスタリングなど、抜かりなく施しておりますので、それなりの品質のものにはなっているかと思います。不慣れな音源による制作とはいえ、むしろ、時間をかけ過ぎた感が否めません。

また、このアルバムを別の面から見ると、その楽曲群は私の音楽的なルーツを辿るものとなっています。制作年代を古いものから順に並べると、10-12. わらべうたによる… 5. 狂詩曲 8「. きらきらぼし」による… 4. 無言歌 9. ソーラン節 6. もろびとこぞりて 1. 騎兵隊 2. 常動曲 3. トッカータ 7「. ひいらぎかざろう」…となりますので、その順に聴いてみても面白いかもしれません。

Go TOP